お葬儀の豆知識

HOME > お葬儀の豆知識

お悔やみの言葉に関して

遺族の方と親しければ親しいほど、改まった場面での挨拶はぎこちなくなりがちですが、一番大切にしたいのは「遺族の気持ちを十分に察してあげる」ことではないでしょうか。お悔やみの言葉は、手短かに心を込めて。

お悔やみの挨拶(おくやみのあいさつ)
咄嗟の場面では慌ててしまって「何を言っていいかわからない」もの。参考として一般的な挨拶例を掲載しますが、型にこだわることなく、心からの哀悼をこめた自分の言葉で述べられるとよいでしょう。


「この度は、ご愁傷様でございます。
 突然の知らせを受け、取り急ぎお参りに上がりました。
 お力落としのことと存じます」

「この度は、本当に突然のことで驚いております。
 心からお悔やみを申し上げます。
 せめて、何かお手伝いでもさせてください」

お葬儀で注意したい事

高齢者の葬儀の場合
「大往生」「天寿をまっとうする」といった表現は遺族側が言う言葉です。弔問客がお悔やみの挨拶として使うのは好ましくありません。

子供の葬儀の場合
年齢や状況に合わせてよく検討すべきです。子供同士が友達だった場合を除き、遺族の気持ちを配慮して子供連れでの訪問は遠慮するのが一般的とされています。

PR広告

仏壇・仏具はお任せください!

ご先祖様を敬う気持ちを仏壇・仏具を通してお手伝いします。

モダンな現代仏壇なども販売!

唐木・婚礼家具や、仏壇・仏具の販売・ご相談はお任せください!

仏壇・仏具と美術骨董品の殿堂

あらゆるニーズにお応えする仏壇・仏具の専門販売店。

選べるギフトを企画・販売!

シーンに合わせた豊富なギフトコースをご用意!

草履・バッグ・和装小物の通販

着物姿にかかすことができない草履・バッグを探しなら!